人事労務の専門家として 「人」 が十分に能力を発揮できるようベストを尽くします。

労災保険に加入する意義

労災保険は一部の例外を除き、1人でも労働者を雇っている場合、

たとえそれがパートタイマーでもアルバイトでも事業主様は加入しなければなりませ

ん。極論を言うとたとえ不法就労者等を使用していた場合であってもです。

もし労災保険に加入していない事業所において事故が発生した場合などは

労働者は保護されないということになってしまうのでしょうか?


その場合には労働基準法において事業主様に対し賠償責任が発生します。

つまり労災保険とは加入することにより、労基法における事業主様の賠償責任が

免除されると考えていただければよいかと思います。

だからこそ雇用保険料は労働者が一部負担するのに対し、労災保険料は全額事業

主様の負担となるのです。(根本的な考え方として会社側には労働者の安全に配慮

すべき義務があるという考え方があります。)


もし労基法における賠償をするとなると、その額は事故の規模にもよりますが

場合によっては会社自体が破綻してしまうほどの額にもなりかねません。

つまり労災保険とは単に労働者を保護するだけのものではなく、何か発生した際に

会社自体も保護することにもつながるのです。