人事労務の専門家として 「人」 が十分に能力を発揮できるようベストを尽くします。

うつ病と仕事

現代社会においてうつ病を抱えながらお仕事をされている方々は

決して少なくないと思います。

昔は「心の持ちよう」という様な考え方も多くあったかもしれませんが、

現代医学によるとうつ病は心の問題だけではなく、脳内分泌物との関連性も

分かってきており、投薬治療がまずは優先でそれと同時にカウンセリングを

受けることにより回復が早くなり、社会への復帰も早まることが分かってきています。


職場においては当然うつ病を煩っていらっしゃる従業員も辛いことが多いかと

思いますが、支えていく上司や同僚、そして経営者の方もどの様に接したらよいのか

など様々な悩みを抱えているのではないでしょうか。

その従業員のことを考えると少しでも働きやすい環境を作ってあげたい。

でもそうすると他の従業員がどの様に感じるのか。

うつ病の方のみを特別扱いしていると思われるのではないかと悩まれることが

多いと聴きます。

当事務所ではまず医師の診断書を提出してもらうことから始まると思っています。

ただ診断書を受け取った時点でどの様に対処をすべきか悩まれるケースも多いのが

現実です。

しかし、私はその場合は身体的な疾患と同様に考えるのも一つの捕らえ方なのでは

ないかと思っています。

そしてその様に他の従業員に対し、説明し配慮をしていく。

(もちろん他の従業員に知らせる場合は本人の同意を得てからでなければなりません)

特別扱いをするのではなく、うつ病かそうではないかを問わずに1人ではカバーできな

い部分を互いにフォローをしていくこと。

それこそが本当の意味での「受容」なのではないでしょうか。