人事労務の専門家として 「人」 が十分に能力を発揮できるようベストを尽くします。

労働者派遣法の改正について

与党は労働者派遣法の改正について野党側に譲歩する形をとることを

決めたようです。


当初は製造業における労働者派遣の全面的禁止や仕事があるときのみ

労働契約を結ぶ「登録型派遣」の禁止などを盛り込む予定でしたが、

野党側の反発が強いことから譲歩することを選択。


私個人としてはそれで良かったのではないかと思います。

全面禁止にした場合、多くの失業者を生むことにもなりますし、

中には派遣労働という雇用形態を選んで働いていらっしゃる方々もいるわけです。

雇用形態の中にも様々な選択肢があること自体は決して悪いことではないのでは

ないでしょうか。

また今回の改正の中には、派遣労働者と知っていながら「請負契約」とした場合は

派遣先企業がその労働者に対し雇用契約を申し込んだとみなすというものが

含まれることから、派遣労働者への不当な取扱いを防止することも念頭においての

譲歩とも言えます。


今は未曾有の大不況の時代。

少しでも労働者の雇用を守っていくという観点から見ると、良い判断であったと

言えるのではないでしょうか?