人事労務の専門家として 「人」 が十分に能力を発揮できるようベストを尽くします。

中小事業主が労災保険に加入する方法

中小事業主様の中には労働者の方々と同様の作業を労働者と一緒に

行う方も多いのではないでしょうか。

例えば工場で製造業務に就くような場合です。

その様な場合、労働者に労働災害が起きるリスクがあるのと同時に

事業主様自身にも、その恐れがあると思います。

しかし、もし事業主様自身が労災保険に加入していない場合、

たとえ怪我をした場合などであっても労災保険の給付を受ける事は出来ません。

そうなるともし障害が残ってしまった場合などはとても辛い状況に追い込まれてしまう

可能性もあります。


その様なことを踏まえ、労災法では中小事業主様とその家族従事者の方々でも

労災保険に加入できる方法が用意されています。

それを労災保険の特別加入と言います。

しかし加入するためには一定の要件を満たしている必要があります。

その要件とは労働保険の事務処理を労働保険事務組合に委託していること。

2つ目がその事業所が労働保険の保険関係が成立していること(労働者の方々が

労災保険に加入していること)。この用件については関係の成立と特別加入の

申請は同時に行うことも可能です。

また上記の2つ以外にも、その業種により中小企業の範囲が労働者の人数により

定められています。


この制度により特別加入した場合、一部の給付を除き、基本的に一般の労働者と

同様の労災給付を受ける事が可能です。

ただ一つだけ注意点があります。

この特別加入により労災保険に加入している場合で、怪我や疾患が発生した場合、

その原因があくまでも労働者と同様の業務に就いている時に起きたもののみが

給付の対象になるという点です。

具体的な例を挙げますと、工場で商品の製造業務に就いていた際に怪我をしたような

場合は給付の対象になりますが、事業主としての業務(例えば役員会への出席など)

により起きた事故などによる負傷などでは給付の対象になりません。


その様な注意点はありますが、それでも十分に魅力のある制度であると思います。

当事務所では労働保険事務組合も兼ねておりますので、特別加入にご興味がある

事業主様がいらっしゃいましたら、お気軽にご相談下さい。