人事労務の専門家として 「人」 が十分に能力を発揮できるようベストを尽くします。

労災保険は労働者と会社の双方を守るもの

現在、多くの企業が雇用保険及び労災保険に加入しています。

しかし、中には加入していない企業もあります。

確かに労働保険料の負担は大きいかもしれませんが、労働者を守ること

そして会社を守ることを考えると加入することがベストであるといえます。

雇用保険は労働者も保険料の一部を負担していますが、労災保険に関しては

全額会社負担となっています。

それは何故なのでしょうか。


一つの考えとして会社には労働者の心身の安全を守る義務、すなわち安全配慮義務

があるという考えがあるからです。

そしてまた労働基準法において災害補償というものが定められており、

もし労働災害が発生し、労働者が負傷した又は何らかの疾患を発症した場合は

会社側がその補償を支払わなければならないとしています。

しかし現実に労働災害が発生し、労働者が重症を負った場合や亡くなった場合など

会社が補償の全額を負うことは可能でしょうか?

多くの会社にとってそれは難しいことであると思います。

場合によっては補償を行うため会社が破綻してしまう状況も考えられます。

つまり労災保険とは労働者を守るだけではなく、その様な事態が発生した場合に

会社の負担を軽減するためという目的もあるということです。

そのため労災保険料は全額が会社負担となっているのです。


そう考えると労働保険料を支払うことは無駄ではないと思えるのではないでしょうか?