人事労務の専門家として 「人」 が十分に能力を発揮できるようベストを尽くします。

既卒者の雇用と助成金

今年の新卒者の内定率は前年と比べ多少改善したようですが

その率は70%弱とまだまだ厳しいのが現実です。

依然続く円高の影響だけでなく昨年の震災の影響もあることかと思います。


そんな中、厚生労働省は一部の奨励金(助成金)の時限措置を延期することを

決定しました。

3年以内既卒者(新卒扱い)採用拡大奨励金と3年以内既卒者トライアル雇用奨励金の

2つが今年3月末までであったのが共に「6月末までにハローワークに紹介を受け

7月末までに雇用した場合に支給」と期間が延長されました。

他にも時限措置的に設けられている助成金が多くあります。

それらについてもこれから期間延長の決定があるかもしれません。


助成金を受け、そして会社の未来を担う有能な若年労働者を確保する。

そのいずれも会社にとって大きなメリットになるのではないでしょうか。

詳しくは当事務所までお気軽にお問い合わせください。