人事労務の専門家として 「人」 が十分に能力を発揮できるようベストを尽くします。

労働契約書と労働条件通知書の重要性

もう2月も終盤。

あと一ヶ月ちょっとで新年度が始まります。

それに合わせて新入社員を雇入れる会社も多いと思います。

そこで大切なことは労働契約書及び労働条件通知書を作成し、

雇用される人に労働条件を明示し、双方で契約を交わすことです。


労働者を雇用するということは、正社員であれ、その他の雇用形態であれ、会社と

雇われる人との間で労働契約を結ぶことです。

その際に労働基準法では会社側が雇用される人に対して、明示しなければならない一定

の労働条件を定めています。

つまり雇入れとは会社側と雇われる側の双方が会社が明示した労働条件に納得した

上で行われるものなのです。


そして明示しなければならない条件の中には、書面において明示しなければならない

ものもあり、契約書と通知書を作成することは法律を遵守する上で

非常に重要であるとともに将来起こりうる労使間トラブルの未然防止にもつながります。


ただ一つ注意しなければならないのが、労働基準法を始め、

労働契約法や労働者派遣法などの法律は頻繁に改正されることがあるということです。

今、御社が使われている労働条件通知書は労働法に基づいているものでしょうか?

そしてそれは最新の法律に基づいているでしょうか?


ご質問などがございましたら、お気軽に当事務所までお問い合わせ下さい。