人事労務の専門家として 「人」 が十分に能力を発揮できるようベストを尽くします。

継続雇用制度改革後の配慮

この数か月に渡り、年金の受給開始年齢の引き上げに伴う継続雇用制度の改革が

話題になっています。

この改革は年金の受給開始年齢が65歳に引き上げられることにより、定年退職日から

受給開始年齢までの間に無収入状態が生じないよう配慮をするため、全ての希望者を

継続雇用することを義務付けるものです。

この法律はまだ国会を通ってはいませんので、今後の予想は難しいところです。

しかしもしこの法律が成立した場合、高年労働者のみならず若年労働者に対する配慮も

モチベーションを上げる観点からすると大変重要になるのではないでしょうか。

その配慮とは賃金、労働時間などの面において高年労働者が優遇されすぎないように

することなどとなります。


またそれと同じくらい大切なことがあります。

それは高年齢労働者への教育訓練ではないでしょうか。

もちろん経験を持つ方々であるので、その技術は大切なものです。

しかし、それと同時に時代の流れに合わせていくことも会社の発展には重要なことであり、

彼らが新たな技術や資格を取得することで、今まで培ってきた経験を更に有効に活用することにも

つながり、またその経験や技術を若年層へ伝えていくことで新たな人材が育っていくことにも

つながることになると思います。