人事労務の専門家として 「人」 が十分に能力を発揮できるようベストを尽くします。

焦らないこと

うつ病はこの数年で患者数が増加しています。

米国においては1500万人以上の患者がいると言われており、

数年後には世界で2番目に患者数が多い病気になると言われています。


そんなうつ病の治療で大切なポイントとは何でしょうか。

まず第一に心療内科や精神科などから処方されるお薬をしっかりと服用する事。

そして第二に十分な休養を取る事。

しかし会社を休業し、休息をしている際に気をつけて欲しいのが「焦る事無く、また休んでいる自分を

責めない事」。

真面目に一生懸命働いて来た人がなりやすい病気なので「早く直して職場復帰しなければ!」と

考えてしまう事もあるかと思います。

しかし、焦ってしまうと逆に治りが遅くなってしまう事もあるようです。


休息は今まで一生懸命頑張って来たことを誇りに思い、自分自身を大切にするために

必要な時間なのかもしれません。