人事労務の専門家として 「人」 が十分に能力を発揮できるようベストを尽くします。

残業代の支払い

最近メディアなどでよく取り上げられる労働問題の中で

最も多く発生している問題は未払い賃金ではないでしょうか。

そしてその未払い賃金の多くが残業代でしょう。


残業代とは言いましても、

様々な計算・支払方法があります。

その中でも最も一般的な実際に労働した時間数で

計算する方法をご紹介します。


まず、日本における法定労働時間は1日8時間、週40時間となっています。

この時間内で労働を行っている場合には、

残業代は発生しません。 


例えば就業規則により1日7時間勤務とされている場合、

もし8時間労働させた場合であっても、その1時間分について

割増賃金を支払わなくても労働基準法上問題はありません。

(ただし、その1時間については割増賃金ではない、

 通常の時間給を支払う必要があります。)

しかし8時間を越えた時点で、

通常の時間給の25%以上の率で乗じたものを支払う必要があります。

それではもし1日7時間労働していて週42時間労働した場合は

どうでしょうか?

その場合はたとえ1日8時間以内であったとしても、

40時間を超えた2時間分については上記と同様の割増賃金を

支払うことが必要となります。


また、たとえ法定労働時間内の労働であっても、

深夜労働の場合は通常の時間給の25%以上、

法定休日出勤の場合は35%以上で計算した割増賃金を

支払う必要があります。


残業代の計算や支払については

会社ごとにそのシステムが異なることもあり、

複雑化しやすいものだと思います。

何か疑問などがございましたら、

お気軽に当事務所にご相談下さい。