人事労務の専門家として 「人」 が十分に能力を発揮できるようベストを尽くします。

1ヵ月単位の変形労働時間制

1ヵ月単位の変形労働時間制とは、労使協定若しくは就業規則により1ヵ月以内の一定の期間を平均し、一週当たりの平均労働時間が法定労働時間を超えないようにした場合、特定の日若しくは特定の週において、法定労働時間を超えて労働させることが出来る制度である。また、この場合対象期間を平均して法定労働時間数を超えた場合は、超えた時間に対し割増賃金の支払いが発生する。