人事労務の専門家として 「人」 が十分に能力を発揮できるようベストを尽くします。

傾聴

傾聴とはカウンセリングを行う際に、カウンセラーがクライアントの言葉や感情を心から聴き、相手の内側から理解を深めていく行為を指す。傾聴が適切に行われることにより、カウンセラーとクライアントとの間に信頼関係が形成され、クライアント自身の自己理解が進み、人間としての成長や問題の自己解決能力が発達していく。