人事労務の専門家として 「人」 が十分に能力を発揮できるようベストを尽くします。

36協定

36協定とは労働基準法36条で定められている協定であり、この協定を締結し、管轄労働基準監督署に届け出る事により、合法的に法定労働時間を超えて従業員を労働させることが可能となる。