人事労務の専門家として 「人」 が十分に能力を発揮できるようベストを尽くします。

労働者災害補償保険法

一般的には「労災保険法」と呼ばれる。この法律の前提には労働基準法の災害補償があり、この災害補償においては業務上の事故による負傷及び疾病に罹った労働者に対して事業主側がその補償を行うよう定めている。しかし、補償の金額が莫大なものになることも少ないため、十分な補償が行われない可能性がある。そのようなことを未然に防止し、労働者保護を徹底するために定められたのがこの法律である。従って労働基準法などとは異なり、事業主側の保護という側面も含まれるものと解釈できる。