人事労務の専門家として 「人」 が十分に能力を発揮できるようベストを尽くします。

障害補償給付

障害補償給付とは業務上の災害により負傷し若しくは疾病に罹り、その状態が回復した又は状態が固定したが障害が残ってしまった場合に支給される、労災保険法による給付である。この給付には障害補償年金と障害補償一時金と2種類あり、その障害の重さにより障害等級が1級から14級まで定められており、1級から7級までは年金が、そして8級から14級までは一時金がそれぞれの等級ごとに定められた金額が支給される。