人事労務の専門家として 「人」 が十分に能力を発揮できるようベストを尽くします。

継続雇用制度

継続雇用制度とは定年を迎えた労働者を継続して雇用する制度の事をいう。この制度を実施するには、原則希望者全員を継続雇用の対象とする旨の労使協定を締結する必要がある。ただし平成23年3月31日までに限り、常時使用する労働者が300名以下の場合は就業規則に実施する旨を記載し、労働基準監督に届け出れば特例的に実施が認められていた。