人事労務の専門家として 「人」 が十分に能力を発揮できるようベストを尽くします。

高年齢従業員の方を活用している場合

高年齢者雇用開発特別奨励金

この奨励金は雇入れ日において65歳以上の求職者を、ハローワーク等からの紹介により一定の要件の下で雇用した事業主様に支給されます。

メリット

この奨励金を受給する事により経済的支援を受ける事が出来る事のみならず、高年齢者の方々の高い技術力を企業の発展に生かせる可能性があります。

受給要件

  1. 雇用保険の適用を受けている事業主様であること。
  2. 以下のいずれにも該当する求職者を、確実に一年以上継続して雇用し、かつ、一週間の所定労働時間を20時間以上で使用する事業主様であること。
    1. 雇入れ日において満65歳以上の者
    2. ハローワーク等からの紹介日及び雇入れ日において以下のいずれにも該当しないこと。

      ア.高年齢継続被保険者

      イ.短期雇用特例被保険者

      ウ.上記ア・イ以外の者で既に他の事業主と週20時間以上の労働契約を締結している者

  3. その求職者を雇入れる前後各6ヶ月間に会社都合による離職者を出していない、又は解雇などによる離職者が3人以内でかつ事業場全体の雇用保険被保険者の6%以内であること。
  4. 雇入れた65歳以上の労働者の労働者名簿、賃金台帳や出勤簿等を作成し、保管していること。
  5. 雇入れ日時点で、その求職者が最後に被保険者資格を喪失してから3年以内であること。
  6. その求職者が最後に雇用保険の資格を喪失した日前1年間に、雇用保険に加入していた期間が6ヶ月以上あること。

支給額

中小企業には以下の額が支給されます。

対象労働者の労働時間 支給額
週30時間以上 年間90万円(6ヶ月につき45万円)
20時間以上30時間未満 年間60万円(6ヶ月につき30万円)

支給期間は一年間であり、雇入れ日後6ヶ月後に第一回目の申請をし、12ヵ月後に第2回目の申請を行います。

この助成金は支給対象期間内において対象従業員が離職した場合はその期間以後のものについては支給されないことがありますので、あらかじめご了承下さい。

高年齢雇用継続給付金

高年齢雇用継続給付金とは、雇用保険に加入している企業が60歳以上65歳未満の従業員の方で一定の要件に該当した方を継続雇用している場合に支給されます。

メリット

少子高齢化が進行する中で、高年齢従業員の方々の重要性が高まっております。同時に企業の将来を担う若年層への技術伝承も欠かせません。しかし、この不況の中、高年齢従業員と若年従業員を共に雇い続ける事は、企業にとっては大きな負担になる場合もあります。その場合に60歳以上に達した従業員で一定の要件に該当した方の給与を一定率以上引き下げた場合、国から高年齢雇用継続給付金として従業員ご本人に支給されます。それにより、事業主様は賃金コストを下げつつ技術伝承を行うことができ、また高年齢従業員の方々も安心して働き続ける事が出来ます。

受給要件

  1. 雇用保険被保険者要件
    1. 60歳に達した日の前日までに雇用保険一般被保険者※であった期間が5年以上あること。
    2. 上記aに該当しない場合は、60歳に達した日以後において被保険者期間が5年以上に達したこと。ただし、65歳に達している場合は除く。

      短期雇用特例被保険者及び日雇労働被保険者を除く。

  2. 賃金要件
    1. 60歳に達した時点での賃金の75%未満の賃金で就労していること。
    2. 60歳以降において雇用保険の失業給付を受給していないこと。
    3. 支給限度額である327,486円(平成22年8月現在)以上の給与を受けていない事。(支給決定があった場合でも限度額以上支払われる月については、給付金は支給停止となります。)

支給額

支給額の計算は、みなし賃金日額(60歳に達した日前6ヶ月間の賃金の総額÷180)で行います。

支給対象月における賃金額 給付金の支給額
みなし賃金日額×30日の額の61%未満 支給対象月に支払われた賃金額の15%
みなし賃金日額×30日の61%以上
75%未満
支給対象月に支払われた賃金額×15%から一定の割合で逓減させた率
(実際に賃金を低下させた割合により定められる)

75%以上になった場合は支給停止となります。

  1. 最低限度額

    1600円(平成22年8月現在)

    1カ月あたりの支給額が最低限度額を超えない月は支給されません。

  2. 支給期間

    原則:60歳に達した月から65歳に達する月まで。

    特例:60歳に達した日後において被保険者期間が5年に達した月から65歳に達した月まで。

    例:62歳4ヶ月において雇用保険の被保険者期間が5年に達した場合、その月から65歳に達する月まで支給。

当事務所では「助成金に興味がある」「助成金を申請してみたいけど何が貰えるのか分からない」その様な事業主様の疑問を解決するため、助成金診断をいたします。

助成金申請代行 - 診断フォームはこちら