人事労務の専門家として 「人」 が十分に能力を発揮できるようベストを尽くします。

既卒者を雇入れた場合

3年以内既卒業者(新卒扱い)採用拡大奨励金

この奨励金は、大学等を卒業後3年以内の既卒者も応募する事が出来る新卒求人を、ハローワーク等に提出することにより申請することが出来る奨励金です。

メリット

景気の悪化により、多くの大学等の新卒者が内定を得ること無く卒業することが社会問題となっております。しかし、その様な既卒者の方々の中には有能な人材となり得る方々が多くいらっしゃいます。現在の状況は企業にとり有能な人材の確保のチャンスともいえるでしょう。

受給要件

  1. 事業主様の要件
    1. 雇用保険の適用を受けている事業主様であること。
    2. 大学等卒業後3年以内の既卒者の方々も応募可能な求人情報をハローワーク若しくは新卒応援ハローワークに提出すること。
    3. ハローワーク等からの紹介により大学等卒業後3年以内の既卒者を正規雇用※として雇入れたこと。
    4. 対象となる既卒者を雇入れた日の前日の前6ヶ月間及び雇入れ日以後6ヶ月間に、会社都合による解雇などの退職者が無いこと。
    5. 資本関係などから繋がりがあると認められる会社若しくは企業から雇入れないこと。
    6. ハローワーク等からの紹介前に雇入れを約していた者を雇入れないこと。
    7. 雇入れ後、労働者名簿、賃金台帳、出勤簿等を作成し、保管すること。

      正規雇用とは雇用期間を定めず、1週間の所定労働時間が通常の労働者と同程度であり、雇用保険に加入させる雇用契約を指します。ただし1週間の所定労働時間が30時間未満の場合は除かれます。

  2. 既卒者の要件
    1. 大学、大学院、短大、高専及び専修学校等を卒業してから3年以内であること。
    2. 過去に1年以上継続して、同一の事業主に雇用された事が無いこと。
    3. ハローワーク若しくは新卒応援ハローワークに登録していること。

      平成22年度については、平成20年3月以降に卒業した方を対象としております。

支給額

  • 正規雇用として雇用してから6ヶ月後に申請することにより、100万円が支給されます。
  • この支給は一事業所において一回のみ支給されるものです。
  • 雇入れ日から6ヶ月以内に退職した場合は支給されませんので、あらかじめご了承下さい。

当事務所では「助成金に興味がある」「助成金を申請してみたいけど何が貰えるのか分からない」その様な事業主様の疑問を解決するため、助成金診断をいたします。

助成金申請代行 - 診断フォームはこちら