人事労務の専門家として 「人」 が十分に能力を発揮できるようベストを尽くします。

新たに正社員転換制度を設置した場合

均等待遇・正社員化推進奨励金(正社員転換制度)

この助成金はパートタイム労働者又は有期契約労働者を雇用している事業主様で、それらの労働者に対する正社員転換制度を新たに設置した場合に支給される助成金です。

メリット

近年、正社員だけでなく、パートタイム労働者や契約社員を雇い入れている事業主様は少なくありません。新たに正社員転換制度を導入し、運用することで助成金を受ける事ができるだけでなく、対象となる非正規労働者のモチベーションの向上も期待できます。

受給要件

以下に上げるのは受給要件の一部となります。詳細につきましてはお気軽に当事務所までお尋ねください。

  1. 労働保険の適用を受けている事業主様であること。
  2. 支給申請日において正社員転換制度が継続して運用されていること。
  3. 転換制度が適用されるための合理的な条件が明示されていること。(勤務年数など)
  4. 正社員転換のための試験制度(面接試験など)を就業規則又は労働協約において新たに規定すること。
  5. 転換後の労働契約においては、期間の定めがないこと。また、正規の従業員として位置づけられており、雇用保険及び社会保険の被保険者であること。

支給額

  1. 制度導入分

     新たに転換制度を導入し、1人以上を適用した場合は一事業主様につき40万円

  2. 転換促進分

     2人以上の労働者を正社員に転換した場合は、以下の額が支給されます。

     ・ 適用された労働者が2~10人目までは1人につき20万円

     ・ 母子家庭の母などである場合は1人につき30万円

当事務所では「助成金に興味がある」「助成金を申請してみたいけど何が貰えるのか分からない」その様な事業主様の疑問を解決するため、助成金診断をいたします。

助成金申請代行 - 診断フォームはこちら